Home グルメ ご当地 「下町ボブスレー」ご当地ナンバー 五輪期間中は交付、終了後は検討

「下町ボブスレー」ご当地ナンバー 五輪期間中は交付、終了後は検討

8 second read
0
7

東京都大田区は2016年から原付バイクのご当地ナンバープレート交付を初めていた。

同年4月には、大田区の町工場が中心となって制作した競技用ソリ「下町ボブスレー」をモチーフにした黒色のボブスレーが描かれたナンバーを交付していた。

下町ボブスレーがジャマイカ代表に採用決定されたことに伴い、2017年5月、イラストを変更。ジャマイカの国旗をモチーフにしたボブスレーにし、交付をしていた。

しかし、平昌五輪でジャマイカ代表が下町ボブスレーを使わないことを急きょ発表。

ジャマイカ代表は平昌五輪で下町ボブスレーを使う契約を推進委員会と結んでいたが、ラトビア製に乗り換えていた。推進委は損害賠償請求も視野に入れている

「五輪期間中は引き続き交付」

事態が一点し、ジャマイカカラーのボブスレーが描かれたナンバーはどうなるのか。

大田区課税課の担当者は、BuzzFeed Newsの取材に「五輪期間中は引き続き交付します。(五輪)終了後の対応は検討中」と答える。

担当者によれば、初期の下町ボブスレーをモチーフにしたプレートは約2400枚交付されたとのこと。ジャマイカをモチーフした交付数は把握できていないという。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

体験型観光の「農泊」に脚光 みそ造りやトレッキング 山梨の甲州民家情報館、利用100人突破

 農山漁村での滞在と体験イベントを組み合わせた旅「農泊」への取り組みが進んでいる。江戸後期の養蚕農家を改装した … …