Home 観光 絶景 東京スカイツリー ®から見る夕日→夜景が凄い。絶景のトワイライトタイムを狙え!

東京スカイツリー ®から見る夕日→夜景が凄い。絶景のトワイライトタイムを狙え!

17 second read
0
9

こんにちは、マニマニ編集部の布袋です。

東京の観光スポットといえば真っ先に名前が挙がる「東京スカイツリー」。東京旅行の目玉になる超人気スポットですが、それだけに「何時ごろに行こう?」と悩みますよね。

そこで今回は、東京スカイツリーの広報さんもおすすめの、夕日と夜景が一度に楽しめる「トワイライトタイム」を取材してきました。

そこには想像以上の絶景体験が待っていました!

(Text&Photo/布袋裕載)

今さら聞けない?東京スカイツリーの基本

tokyoskytreeあまりにも有名な東京スカイツリーですが、その大きな役割は、地上デジタル放送の送信です。東京都心部に林立する超高層ビルが電波に影響を与えることが懸念されたため、600mを超えるタワーが必要となり建設されました。

そんな東京スカイツリーがあるのは、隅田川を挟んで浅草と向かい合う「押上」エリア。浅草からなら「東武スカイツリーライン」で約3分で「とうきょうスカイツリー駅」に到着します。

東京スカイツリー内には、絶景の展望スペースが!

tokyoskytree東京スカイツリーの内部には、一般客が入れる展望スペースがいくつか用意されています。

地上340~350mの位置にある3フロアからなる「天望デッキ」と、地上445~450mにあり2フロアからなる「天望回廊」です。気になる料金は?というと、天望デッキに行くには大人2060円、そこから天望回廊に上がるには大人1030円かかります。

どちらの展望スペースも絶景であることに違いはありませんが(実際、天望デッキに着いたエレベータの扉が開いた瞬間は、目の前に広がる絶景にいつも「うわぁ~!」となります)、せっかくなら…ということで、今回は天望回廊まで上がって夕日を待ちます。

東京スカイツリー「天望回廊」は“夕日待ち”“夜景待ち”でいっぱい!

tokyoskytree僕が天望回廊に着いたのは16:00ごろ。すでに、夕日や夜景を待つ人の姿がたくさんありました。

季節によって夕日の沈むタイミングは違いますが、日の入り時刻の前後60分ほどが今回のお目当て「トワイライトタイム」です。

「これまでスカイツリーから様々な景色を見てきました。どの時間帯も刻一刻と変化する空や街の様子は素晴らしく、何時間でも居られますが、なかでも夕日が地平線を染めて、街にぽつぽつと灯りが点っていくこの時間は、ひときわ綺麗だなぁと思うんです」

と、東京スカイツリーの広報さんも一押しの「トワイライトタイム」。どれほどの絶景が待っているのでしょう?

変化する空の色と、夕日に浮かぶ東京の街並みが幻想的!

tokyoskytree淡いブルー、オレンジ、濃紺、黒。

日が傾くにつれて、空の色や街の色が徐々に変化していきます。

tokyoskytreetokyoskytreetokyoskytreetokyoskytreetokyoskytree空や街って、これほど表情豊かなんですね。

なかでも特に僕が好きだったのは、日が沈みきるかきらないかの、そのほんの数分間の夜景。街に灯りが少しずつ点っていき、夜の顔が少しずつ現れてきます。

tokyoskytree通りを走る車のヘッドライトや、オフィスビルの照明、家々の窓から漏れる光がつくる夜景を眺めていると、これほど多くの人たちと、同じ時間に同じ街で生きていることの不思議さが胸に迫るようで、

「…みんな生きてるなぁ。自分も頑張ろう」

と“ちょっとよくわからないけどとにかく前向きな気持ち”に。

ありがとう、東京スカイツリー!

東京スカイツリーのトワイライトタイムは想像以上の絶景タイムだった

tokyoskytreeこれまでなんとなく、「展望スペース」の類の場所は昼間に行くものと思い込んでいた僕ですが、今回見た東京スカイツリーの天望回廊からの夕景と夜景には、想像以上の感動がありました。

旅行者はもちろん、東京在住の方にもおすすめしたい、東京スカイツリーの絶景トワイライトタイム。

見ればきっと、ちょっと前向きな気持ちになれますよ!

東京スカイツリー【とうきょうすかいつりー】

営業時間:8:00~22:00(最終入場時間は天望デッキ~21:00、天望回廊~21:20)

定休日:なし

Web:http://www.tokyo-skytree.jp/

住所:東京都墨田区押上1-1-2

おまけPHOTO

tokyoskytree天望デッキにある「SKYTREE CAFE」は、ゆっくりと席から景色を眺められる特等席。写真はソラカラちゃんパフェ780円

tokyoskytree夜の「SKYTREE CAFE」はさらにおすすめ!ここから眺める夜景は格別で、東京タワーや高層ビルも見えます。写真はテッペンペンサンデー830円

tokyoskytree天望デッキにある人気スポット・ガラス床。高所恐怖症の人は要注意…!

※記事内に記載された料金などのデータは、2018年2月8日時点の情報です

関連記事 こんな記事も読まれています

フルーツパーラー ゴトー のパフェが浅草で愛され続けるワケ【東京パフェめぐり】

ジブリ好き必見!映画の世界を実際に味わえると話題の企画展示「食べるを描く。」に行ってきました。

道具愛に圧倒!かっぱ橋道具街の「釜浅商店」なら、ずっと愛せる料理道具が見つかる

まるで花束。銀座「ラモ フルータス カフェ」のフレッシュパフェ

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

体験型観光の「農泊」に脚光 みそ造りやトレッキング 山梨の甲州民家情報館、利用100人突破

 農山漁村での滞在と体験イベントを組み合わせた旅「農泊」への取り組みが進んでいる。江戸後期の養蚕農家を改装した … …