Home 観光 絶景 雪の山道を歩いてたどりつく絶景「巨大な氷のアート」を見に、岐阜県下呂市へ

雪の山道を歩いてたどりつく絶景「巨大な氷のアート」を見に、岐阜県下呂市へ

6 second read
0
13

 参加するのにベストな服装は? 

 九州生まれ、温暖地域で育ったため、寒さに極端に弱い筆者のこの日の服装は、

・トップス…吸水速乾インナー+薄手(ウール100%)のハイネックセーター&カーディガン+カメラマンベスト+極厚ダウンコート
・ボトムス…冬用アウトドアスパッツ+冬用のアウトドアパンツ+厚手のスキーソックスを着用。

 これに、

・インナーダウンコート
・目出し帽
・ネックウォーマー
・ニットキャップ
・スキー用手袋
・トレッキングシューズ

を持参しました。

 最初にビジターセンターで熊崎さんの服装チェックを受けたところ、スノーシューをつけて歩いている最中に雪道にはまることがあるため、靴はゴム製で内側にボアのついたアウトドアブーツに履き替え、履いているアウトドアパンツの上に防水パンツをはくことになりました。

 また、雪道を歩いている最中は汗をかくほど体温が上昇するそうなので、極厚ダウンコートとウールカーディガンは脱ぎ、代わりに防水防寒のジャケットと小さなカイロが入ったリストバンドをお借りしました。

 こうしたウェアの一部は無料レンタルできます。一方、滝に到着して休憩する際には一気に体が冷えるため、インナーダウンを持っていくことになりました。

 サングラスは雪が降ってきた時に備えてあったほうが良いようです。すぐに手がかじかむので、厚手の手袋のなかに、インナー手袋をして、カメラ操作や食事をとるようにして、なるべく素手にならないようにしたほうが良いように思いました。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

絶景日本一周55/角館武家屋敷とシダレザクラ

 坂を登り切り、自転車を停める。ふぅっとひと息つく。前から20人ほどの女子校生たちがやってきた。最後尾には先生 … …