Home 01年以降生まれ ツアー初出場

01年以降生まれ ツアー初出場

11 second read
0
37


男子テニスのソフィア・オープン(ブルガリア/ソフィア、ハード、ATP250)は6日、シングルス1回戦が行われ、ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場のA・アンドレエフ(ブルガリア)は世界ランク74位のD・イストミン(ウズベキスタン)に3-6, 4-6のストレート負けを喫し、ツアー初勝利とはならなかった。

>>杉田vsミルマン 1ポイント速報<<

>>杉田ら南フランスOP対戦表<<

アンドレエフはこの試合、序盤から5ゲーム連取されて第1セットを先取される。第2セットでは終盤の第7・9ゲームで連続ブレークを許し、1時間18分でアンドレエフが1回戦敗退となった。

16歳のアンドレエフは2001年以降生まれで初めてATPツアー大会に出場した選手となった。

大会公式サイトではアンドレエフの試合後のコメントを掲載。「大事な瞬間に冷静でいられなかった。第2セットを取るチャンスはあったけど、緊張していて多くのミスをしてしまった。実力がふさわしくなかったのは明らかだ。イストミンのようにたくさん練習しなければいけない。去年より上手くなってて嬉しいよ。サーブがよくなってた。冷静でいられなくて残念だ。このような試合が僕に自信をくれると願う」

勝利したイストミンは2回戦で、第6シードのV・トロイキ(セルビア)と対戦する。トロイキは1回戦で予選勝者のE・ガルビス(ラトビア)を下しての勝ち上がり。


■関連ニュース

・ワウリンカ 第1シードで出場
・負けなし16連勝、V4へ前進
・20歳ルブレフ 初戦は快勝

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

体験型観光の「農泊」に脚光 みそ造りやトレッキング 山梨の甲州民家情報館、利用100人突破

 農山漁村での滞在と体験イベントを組み合わせた旅「農泊」への取り組みが進んでいる。江戸後期の養蚕農家を改装した … …